×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2014年10月4日(土) 白駒の池・妙義山

出発:7時頃
帰宅:19時頃
走行距離:450km

東京の最高気温25.7℃、最低気温23.5℃

GPSによる走行軌跡、ポイント数約2000に間引き

より大きな地図で 20141004 白駒の池・妙義山 を表示



道の駅 「こぶちざわ」  (9:21)

白駒の池がちょうど紅葉の見頃らしいので見に行ってきました。
中央道小渕沢ICで降り八ヶ岳西部の道路を走っていきます。



長野県道191号へと続く道  (9:46)

八ヶ岳の麓を走る快走路です。



長野県道191号渋ノ湯堀線  (10:01)

国道299号線に出る前にこの県道沿いにある御射鹿池へと
向かって走ります。



長野県道191号渋ノ湯堀線  (10:04)

標高が上がるにつれ木々の色が少しづつ変わってきました。



御射鹿池 (10:14)

小さいですが雰囲気の良い池。
湖面に映る木々が綺麗。



国道299号線へと続く道 (10:25)

国道299号線へと続く道は路面ガタガタな箇所が多かった。



国道299号線 (10:33)

白駒の池へと走っていきます。



国道299号線 麦草峠 (10:42)

国道で2番目に標高が高い麦草峠に到着。
標高2120m。気温は10℃ちょいぐらいでした。



白駒の池 入口 (10:53)

国道299号は駐車場空き待ちの車が行列を作っていますが、
バイクは駐輪場が用意されてるので並ぶ必要はなし。
駐輪場(@\100)にバイクを停めて徒歩で池に向かいます。



白駒の池 (11:03)

徒歩10分ぐらい歩くと池に到着です。
山は所々で色づいていて綺麗でした。

前回来たときはここで池を見て引き返したが、
今回は池を周回するコースを歩いてみます。



白駒の池 (11:17)

湖畔沿いを周回するコースは木の板の上を歩いていきます。



白駒の池 周遊コース (11:25)

原生林とコケが当たり一面を覆っており目を奪われます。



白駒の池 周遊コース (11:25)

木々の隙間から差し込む光がまた綺麗です。



白駒の池 周遊コース (11:34)

赤い葉の木々はすでに半分ほど落葉していました。
先週あたりがピークだったのかも。

池をぐるっと一周して駐車場に戻ってくるまで1時間半程でした。



国道299号線 (12:09)

白駒の池を後にし、妙義山へとバイクを走らせます。



国道299号線 八ヶ嶺橋 (12:17)

途中、景色の良い橋があったので立ち止まってみました。



国道299号線 (12:22)



長野県道93号下仁田臼田線 (13:15)

県道93号を平地から山間部へと進んでいきます。



長野県道93号下仁田臼田線 田口峠 (13:20)

峠の正面には荒々しい妙義山を眺めることができます。



長野県道93号下仁田臼田線 (13:25)

峠をすぎるとヘアピンカーブが連続する楽しい道です。
木々の隙間から先が見える箇所が多いので
対向車の確認が容易で走りやすい道でした。



群馬県道93号下仁田上野線 (13:40)

場所によってはすれ違い不可な箇所もありますが、
山間部に入ってからこの先までバイク1台とすれ違っただけでした。



群馬県道201号星尾羽沢線 線ヶ滝入口 (13:53)

県道201号に入り山間部の集落を抜けた先にある滝を見に行きます。



線ヶ滝へと続く道 (13:55)

滝壺まで急な歩道を降りていきます。



線ヶ滝 (13:56)

落差35mの滝が見えてきました。
滝壺へは最後に螺旋階段と梯子を降りて行きます。
滝壺からは辛うじてカメラに滝全景を収めることができた。



群馬県道93号下仁田上野線 名勝「蝉の渓谷」 (14:36)

県道沿いに渓谷の案内板を見つけたので寄り道。



蝉の渓谷 (14:42)

浸食により両側を岩に挟まれた形となった渓谷です。
周辺を5分程度で回れる遊歩道も整備されていて、
立ち寄ってみる価値はあります。



群馬県道196号上小坂四ッ家妙義線線 (15:31)

頭文字Dの舞台となった道路です。
コーナの連続する山岳道路でなかなか楽しい道。



中之岳駐車場 (15:33)

駐車場からは妙義山をすぐ近くに見ることができます。
普通の山とは違い迫力があります。



道の駅 「みょうぎ」 (16:08)

妙義山ふもとの道の駅で休憩です。
あの岩むき出しの山でも登山する人がいるのですね。
やはり滑落事故が多いみたいだけど。



群馬県道204号金井小幡線 (17:03)

もすうぐ日没の時刻(17時21分)なので、
この後は上信越道吉井ICから高速に乗って帰ります。
関越道練馬出口で渋滞していたものの、
それ以外は渋滞は無しでした。

戻る