×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2013年9月21(土)  東京〜子安峡〜本荘

出発:7時前頃
ホテル着:20時頃
1日目の走行距離:610km



より大きな地図で 20130921 東京〜子安峡〜本荘 を表示

1日目:東京〜子安峡〜本荘 (610km)
2日目:本荘〜鳥海山〜酒田〜山形 (300km)
3日目:山形〜蔵王〜磐梯〜東京 (540km)

総走行距離 1,450km



東北道 那須高原SA (9:59)

首都高〜東北道で東北へ。
連休ということもあってか東北道は所々で渋滞。



東北道 鶴巣PA  (12:51)

出発からここまで400km弱。
まだ走れるが今後の給油タイミングを考えてここでガソリン給油。



東北道 古川IC (13:11)

古川ICより下道で秋田の本荘を目指していきます。



国道47号線北羽前街道  (13:16)

見事な快晴でツーリング日和。
まずは国道47号を進んだところにある道の駅へ向かいます。



道の駅 「あ・ら・伊達な道の駅」  (13:54)

ちょっと名前が気になる道の駅に到着。
お昼を食べてなかったので軽く昼食をとる



国道457号線 (14:05)

花山湖へ向かいます。


道の駅 「路田里はなやま」 (14:28)

小休憩。



国道398号線仙山通り (14:40)

展望が開けているところ。
片側一車線の走りやすい国道です。



国道398号線仙山通り (14:49)

だんだんと山道っぽくなってきたが、写真のようなところは一部のみ。
ほぼ片側一車線で国道らしく整備された道。



国道398号線仙山通り 湯浜峠 (14:55)

湯浜峠にて。展望は特に無し。
この先国道398号線沿いにある子安峡の大墳湯を目指します。



子安峡 大墳湯 (15:26)

国道沿いの無料駐車場にバイクを止め川沿いまで降りてきます。
結構高低差があるので帰りが大変そう。



子安峡 大墳湯 (15:28)

煙が立ち上がっているのが見えてきました。


子安峡 大墳湯 (15:29)

岩の隙間から蒸気が噴き出しています。
シューと音も結構します。
通路の先が蒸気で見えませんが進んでいきます。



子安峡 大墳湯 (15:30)

蒸気を潜りぬけて奥まで来ました。
蒸気は熱くなく霧の中の通るような感じです。

これより先(写真後ろ側)は立ち入り禁止のため引き返します。



子安峡 大墳湯 (15:30)

岩の隙間から所々蒸気が噴き出していてなかなか迫力がある。
流れ出ている水を触ってみたらお湯でした。

こういう光景は初めてです。



子安峡 大墳湯 (15:33)

帰りは階段をひたすら登っていきます。
結構辛いです。



国道398号線 子安峡 大墳湯入口 (15:41)

大墳湯入口には大きな看板が出ており、
駐車場もあるので迷うことはないです。

秋田県道51号〜310号で河原毛地獄へ向かいます。



秋田県道310号線こまち湯ったりロード 河原毛地獄付近 (16:11)

もう少しで川原毛地獄。
ここの駐車場にはバイク止めずに先に進みます。



河原毛地獄 (16:13)

河原毛地獄入口に車2台分の駐車スペースあり。
白く荒廃した雰囲気が地獄を彷彿とさせる。



河原毛地獄 (16:14)

遊歩道が整備されているので歩いて回ってみたかったが、
時間の関係で歩かなかった。
おそらく30分〜1時間はかかると思われる。



秋田県道310号線こまち湯ったりロード 河原毛地獄付近 (16:16)

本荘方面へ進んでいきます。
県道310号は全体的に写真のような道で、
道幅は広くないが路面状況はまぁまぁ良い。



秋田県道310号線こまち湯ったりロード (16:37)

この先国道108号線に出てとりあえず道の駅「おかち」へ。
道の駅で本荘までのルートを検討することにした。



秋田県道310号線付近 (16:46)

国道から少し脇道に入ってみました。
稲が良い感じに色づいています。



国道108号線 羽後街道 (16:52)

国道108号線を湯沢方面に走ります。
段々と日が傾いてきた。



道の駅 「おかち」 (17:22)

この先は湯沢から県道メインで山越えしようかと思っていたが、
予定より時間を押しており暗くなるのも時間の問題。

ここからは国道メインで行くことに変更。



国道398号線 湯沢街道 (17:45)

遠くに見える山々が綺麗だったので少々立ち止まって眺める。



国道398号線 湯沢街道 (18:04)

段々と暗くなってきました。
薄らとした光に照らされた山影がなかなか良い雰囲気。
街灯が全くない暗闇の中を慎重に進んでいく。

東京近郊はどこにでも街灯があり明るいので、
ヘッドライトの明かりのみで走るのは慣れていない。



国道398号線 湯沢街道 (18:12)

進んでいくと路面がウェットになり霧が出てきました。
真っ暗な山道に濡れた路面に霧、ゆっくりと走っていきます。

雨上がりのためか虫の量がすごかった。



道の駅 「東由利」 (18:28)

道の駅で一休み。
ここまでくれば本日の宿泊地の本荘までもう少し。



本荘グランドホテル (20:04)

途中でラーメンを食べホテルに到着です。
東北といえばやっぱ縮れ麺。


1日目:東京〜子安峡〜本荘 (610km)
2日目:本荘〜鳥海山〜酒田〜山形 (300km)
3日目:山形〜蔵王〜磐梯〜東京 (540km)

戻る