×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2013年1月2(水)  南房総

出発:10時頃
帰宅:18時半頃
走行距離:280km


より大きな地図で 2013.01.02 南房総 を表示


新年初めてのツーリングは南房総を走ってきました。
この日の東京は最高14℃、最低4℃と比較的暖かいが強風。



東京湾アクアライン海ほたる (11:05)

海ほたるはかなりの強風でしたが、大勢の人で賑わっていました。
風で速度規制がかかっていました。


東京湾アクアライン海ほたる  (11:06)

強風で海が荒れています。
駐車場へ入るとき、飛んできた海水を少々かぶってしまいました。

海ほたるから圏央道へ入り、終点の木更津東で下道へ。
r168で高滝ダムを目指します。


高滝ダム下流側 (11:58)

山間部は風は比較的穏やかです。



高滝ダム上流側  (12:03)

日差しが暖かく気持ちいいです。

r81清澄養老ラインを南下していきます。


共栄トンネル (12:32)

清澄養老ラインの養老渓谷を過ぎた辺りの脇道へ入ると、
異様に天井の高い素掘りトンネルがあります。
走ってきたほうを撮った写真。


共栄トンネル (12:32)

左の写真の反対側。
もともとはこの上の穴が出口だったようです。
それを後から下側に変更したとのこと。
そのため上側の出口が残っているとのこと。

ちなみに入り口側(県道側)は「向山トンネル」、
出口側(養老川側)は「共栄トンネル」と名前が異なっています。


共栄トンネル (12:33)

トンネルを出て養老川を渡ります。



養老川を渡ってすぐのところ (12:33)

1.5車線幅程の道を進んで行くと徐々に狭くなっていき、
どんどん山の中に入っていきます。
この先完全に1車線幅の道になります。


道路から見える養老川 (12:40)

周りは完全に緑に囲まれた風景になってきました。




素掘りトンネル (12:40)

共栄トンネルから数分走ると、複数の素掘りトンネルが現れます。


素掘りトンネルのあたり (12:40)

写真のような道路状況が続きます。


素掘りトンネル (12:42)

トンネル内は照明など無く真っ暗。
側面は地層がはっきりと現れてます。

この先R465へ出て、清澄養老ラインを南下します。



道の駅 鴨川オーシャンパーク (13:36)

鴨川近辺の国道は結構渋滞してました。

このあとは道の駅「三芳村」に立ち寄り、
安房グリーンラインで野島崎灯台へ。


野島崎灯台 (15:02)

安房グリーンラインは山間部を走る快適な新しい道路。
(ツーリングマップル2005年版には記載無し)

野島崎灯台に寄り道です。



野島崎灯台 (15:05)

海沿いは強風です。

灯台からは、R410→r86→R127で道の駅富浦へ。



道の駅 富浦  (15:57)

ここで小休憩。。

富津館山道路の富浦ICから高速に乗り、アクアライン経由で帰宅。
帰りは木更津〜アクラライン出口までずっと渋滞。
かつアクアラインは風が強く(風速15m/s)、非常に走り辛かった。

戻る